買い取りしてくれる業者があります

交通事故

事故車の処分を行う場合いくつか方法があり、専門業者に依頼したりディーラーに依頼したりするなどがあげられます。自分で行うこともできますが、それぞれにはメリットがありとデメリットがあります。例えば事故車買取業者に引き取りを依頼するとお金をもらうことが可能です。これは廃車にすることはもちろん買取をしてもらったケースになります。事故車を廃車にするのに処分しないといけませんが、買取業者に依頼すると効率良く処分することが可能です。事故車でもお金になるので、水没車や不動車でも利用することができます。専門業者の場合ディーラーと異なり買取した車を販売することができるルートが存在していて、それがスクラップでもお金になるのです。業者によって重量税や保険還付を行っているので高額で買取りされる可能性もあるでしょう。ディーラーの場合は金銭的なメリットがやや少ないですが、担当者に相談するだけで時間や手間がかからないとうメリットがあります。すべてディーラーが行ってくれるので細かなことは気にしなくも大丈夫です。但し、ディーラーは販売が主な業務になるので、あまり買取や廃車などの手続きには積極的ではないです。同時に新車を購入するとなると丁寧な対応を期待することができます。新車に買い替えする場合、納車するまで代車を無料で貸出してくれたり廃車の引取り手数料が無料になったりすることもあります。

納税義務をなくすことができます

女性

事故車の引き取りはなるべく早くすることをおすすめします。車を使っていなくても税金は支払わなければいけないので、陸運支局において所有する車を使用していないといった申請をすることによって納税義務をなくすことができます。登録抹消手続きと呼ばれていて、一時登録抹消や永久登録抹消があり、例えば長期出張や入院から一時的に車を使用しない場合、一時登録抹消になり再登録すると公道を再び走行することが可能です。車が壊れているといった車を使用しない場合、永久抹消登録になり車両を解体してから申請を行います。解体証明書がないと原則的に永久抹消登録することができず、抹消登録を行うことで納税義務をなくすことが可能です。

無駄な税金を支払わなくてもよくなります

交通事故

車には必要な税金がいくつかあり、購入時に支払うものや車検費用に含まれる税金などがあげられます。例えば自動車取得税は自動車を購入した時に必要な税金で、新車はもちろん中古車にもかかる税金です。自動車税は自動車の所有者に課税される税金で、所有者にエリアから納税通知書が送られます。ローンで車を購入したり所有者がディーラーになっていたりする場合車の使用者が納税する仕組みです。抹消登録を行うと自動車税の納税義務がなくなるので、事故車を所有しているなら無駄な税金を払わないよう業者に引き取り依頼することをおすすめします。年度途中で抹消登録を行うと納税されている金額を月割計算し差額が還付金として返金されるでしょう。